きょう/人 きのう/人 合計/人です(´・ω・`)


モクちゃん、さようなら
今、実家の母からメールが入りました。
「今、モクが死んだ。」
あまりに簡素なその文に、軽い脱力感を覚えました。

モクちゃんは、実家にいる猫のことで、私が高校2年の時に我が家に迷い込んできました。
ヒョロヒョロに痩せこけたその子猫は、お腹を壊していましたが、それでも力いっぱいに生きていました。
私は母と共に病院へと連れて行き、モクは晴れて我が家の一員となったのでした。

あれから13年。
昨日、母から「正月まで、もたんかも知れん。」とメールが入ってきてから、受け入れる間もない早い死でした。
「苦しんだと?」という問いに「静かに息を引き取った。」との答え。
少し気持ちが楽になる。

生き物には必ず訪れる「死」というもの。

b0083267_22404821.jpg
もう、そのソファーに温もりを残せないんだね。

b0083267_22414293.jpg
その塀の上に姿を見ることは出来ないんだね。


初めて体感する愛猫の死、辛いけど、幸せに旅立ったと信じたい。

b0083267_22453789.jpg
モクちゃん、13年9ヶ月。お疲れ様でした。
どうか安らかに・・・
[PR]
by mildcat_5260 | 2006-12-17 22:51 | ネコ | Comments(16)
Commented by るなぁ at 2006-12-17 23:18 x
あぁぁ・・動物を飼っている身として、この瞬間だけは避けたいものですね;
でも、13年も元気に過ごしてくれたモクちゃんはシアワセだった、はず!です><
Commented by ラック at 2006-12-17 23:32 x
かわいい猫ちゃんですね。ふるてつさんと一緒に暮らせて幸せだったでしょうモクちゃん。命ってとても尊いものですね。別れは大切にすれば大切にするほどつらく悲しいものになるけどこればっかりは避けられません。御冥福をお祈りします。ふるてつさん元気出してよぉ!
Commented by なお at 2006-12-18 00:28 x
そうなのですね………。
モクちゃん、どうぞ安らかに…。
Commented by cue_answer at 2006-12-18 00:41
猫の13年を人間にたとえると…
十分、ふるてつさんやご家族を支えてくれたのではないでしょうか。
元気出して!
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by pochimama at 2006-12-18 09:27 x
私は子供の頃からいつもいろんな動物と過ごしてきましたから、
何度か看取った事もあります。
人間より先に逝ってしまうのは仕方ないことだけど、何度経験しても
哀しいものです。
モクちゃん、ふるてつさんの家族になれてきっといぇ絶対幸せだったハズです。
いっぱい泣いて、そして、いっぱいこじやそらちゃんを愛してあげて下さいね。
Commented by miyayantai at 2006-12-18 10:51
モクちゃん、綺麗な猫さんですね。
美しいお顔に幸せそうなお体。
13年間、長いようで短い時間ですが、
いかに、ふるてつさんのご家族に大切にされていたかが分かりますね。
沢山悲しんで、沢山モクちゃんと過ごした日々を思い出して、
そうして、その思い出を、大切にして上げて下さいね。
ご冥福をお祈り致します(-人-)。
Commented by ふるてつ at 2006-12-18 11:53 x
るなぁさん、頭では分かっているんですが、いざその時が訪れると・・・ね^^;
7年、家を離れているのでなかなか実感はわかないのですが、年末に帰っても静かなんでしょうね。

ラックさん、命ってとても尊いもの、その通りだと思います。
近年のペットブームの影で、天寿すらまっとうできない犬や猫がいるのに・・・。
モクは我が家を幸せにしてくれました。その分モクも幸せに逝ってくれると救われますね。

なおさん、電話口での母の声はぼろぼろでした^^;
こっちまでもらい泣きしそうでしたが、勤めて平静に受け答えてあげなきゃと思いました。グッと来すぎて喉が痛いです><
今頃荼毘に付されていると思います。

dimさん、ありがとうございます('-'*)
最近帰ったときにはもう大分やせこけて、”おじいちゃん”になってました。
だから、そう長くは無いねぇ・・・とは思っていたんですけどね^^;
感謝の気持ちでいっぱいです。
Commented by ふるてつ at 2006-12-18 12:04 x
pochimamaさん、一つだけ後悔するとしたら、土曜日に連絡があって、なぜ日曜日に行ってあげられなかったのか。と言うことですね。
その時は「病院へ連れて行かんと。」と告げましたが、もうどうすることも出来なかったんでしょうね^^;
車に乗せるだけで、恐怖で寿命が縮むと言われていたほどですから。

みーやさん、モクの写真を載せようと探してみても、今更ながら少ない事に気が付きました。
実家にいた頃はよく使い捨てカメラで撮ったものですが、家を出てからと言うものは、帰ってもあまり撮らなかったんですね^^;
もっと沢山の思い出を撮っておけば良かったと、ちょっと後悔。
でもたまに写真を見て、動画を見て、笑い話でもして思い返そうと思います^^
Commented by tkj at 2006-12-19 01:33 x
心からご冥福をお祈りします。

もう8年近くなるでしょうか。
愛猫マユさんが他界されました。交通事故だったようです。
当時11才の長男と8才の長女は、仏前のマユさんを前に大泣き。ひと晩を共にしました。
私自身も命の大切さを実感しました。
Commented by てる at 2006-12-19 09:50 x
かわいい猫ちゃんですね。
写真見てるとふるてつさんの愛情が感じられます・・・

ふとした時にその姿が無い事に気付いて、
現実を受け入れがたくなりますが・・・。

ふるてつさん家族にかわいがってもらって幸せだったと思いますよ!
ご冥福をお祈りします。
Commented by lain_swift at 2006-12-19 14:13
今まで飼ってきた猫の多くが外猫という事もあって、死に様を見る事はあまり無かったのですが、
初めての家猫でその猫が病気で亡くなった時は相当泣きました(´・ω・`)

それ以来、動物を飼うという行為に少々臆病になっています。

(´・ω・) なのでのら猫で猫分補充。
Commented by ふるてつ at 2006-12-19 22:00 x
tkjさん、交通事故とは・・・心中お察しします。
実家のほうも外猫だったのですが、幸いにも事故など無く最後を迎えられました^^
あ、一度手を蜂に刺されて右手が倍近くに腫れた事が・・・^^;

てるさん、今頃、実家は普段より静かなんだろうなぁと思います。
一応母から45日まではうちに(お骨が)居るよと知らせが入りました^^;
近年のペット葬儀は本格的なのですね(汗

lainさん、一緒に居る時が長ければ長いほど別れは辛いものですね、、、
病死だとなおさらでしょう;_;
最近うちに野良ちゃんが来るのですが、姿を見せなくなると心配してしまいます^^;
Commented by at 2006-12-20 01:36 x
ふとボンちゃんやうちのちよ(リス)を見てしみじみしてしまいました。
いつか分かれる日が来るのは人間だってりすだって猫だって一緒なのに…
何とも遣る瀬無いですが、それだけ思ってもらえるのは幸せなことなのです。
きっと。
Commented by ふるてつ at 2006-12-20 21:18 x
橙さん、こればかりはどうしても避けて通れないですね^^;
思わず「キミとボク」を思い出してしまいました。
こじろうやそらちゃんにも限りある時間を幸せに過ごしてもらいたいと、改めて思いました(´・ω・`)
Commented by kojimam at 2006-12-28 06:11 x
ふるてつさん、モクちゃんのこと、お辛かったですね。
私も、いつかこじと別れる日がくるんだと
改めて思いました。いるのが当たり前ではないんだと。
モクちゃん、とってもかわいらしい。
きっと天国で
「いや~、ご主人がいい人でね、幸せな暮らしだったよ」と
ネコ仲間に言っていると思います。
モクちゃんのご冥福をお祈りします。
Commented by ふるてつ at 2006-12-29 09:45 x
kojimamさん、亡くなったのが日曜だったので、最後を看取ることが出来て両親も良かったと言ってました。
ホント最後まで親孝行な猫でしたよ^^
<< きたきたきた! ヂャスコに行きました >>



愛猫こじろうと愛車スイフトの日常を綴る・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リ ン ク
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Page Top